都市伝説とその裏側

三十代会社員が都市伝説などの裏側を徹底的に検証していきます

パナマ文書

モサックフォンセカ法律事務所から世界中の裏側の秘密が流出してしまいました。タックスヘイブンの存在自体は小説や書籍などで以前から指摘されていましたが、まさかここまでとは。都市伝説が現実になっちゃいましたね。

パナマ文書に内閣参与 加藤康子の「東京個別指導学院」が発覚 タックスヘイブン徹底調査と逮捕の可能性

パナマ文書に内閣参与 加藤康子の「東京個別指導学院」が発覚 タックスヘイブン徹底調査と逮捕の可能性

タックスヘイブンに関するパナマ文書の分析により、内閣官房参与の加藤康子氏が代表取締役を務める「東京個別指導学院」が記載されていたことがわかりました。 加藤康子氏は「心当たりがない。当時の会社代表者は別人だった。連絡先として名前を使うことを認めた人がいなかったかを調査する」と言っています。 内閣官房参与の加藤康子氏は「タ...
パナマ文書流出でアイスランド首相が辞任 政権奪取しそうな海賊党と貨幣発行権をアイスランドに取り戻す

パナマ文書流出でアイスランド首相が辞任 政権奪取しそうな海賊党と貨幣発行権をアイスランドに取り戻す

日本では全く話題にならない国家。アイスランド。 そのアイスランドは実は一部の事情通達からはものすごい期待されてる国家なんですね。アイスランドは世界でまったく報道されない中、粛々と無血革命に成功しました。 その理由はアイスランドは通貨発行権を「アイスランドに」取り戻したから。日本ではその事実をネットで少しだけ知ることがで...
「タックスヘイブンは法律上問題ないというミスリードやパナマ文書に記載された日本企業名はデマ」というデマに騙されない 日本に消費増税は必要無かった

「タックスヘイブンは法律上問題ないというミスリードやパナマ文書に記載された日本企業名はデマ」というデマに騙...

脱法ドラッグという薬物がかつてありましたね。 現在でこそ脱法ドラッグを使用すると逮捕されますが、2000年前後では脱法ドラッグが「法律的には問題ないため」割りとそこらで普通に売られていました。 脱法ドラッグの売人たちは、脱法ドラッグを使用したらラリってしまって交通事故などにつながる危険性を知った上で販売していました。 ...
パナマ文書をマスコミが報道しない理由と55兆円の租税回避の真相 消費税増税なんて必要なかった

パナマ文書をマスコミが報道しない理由と55兆円の租税回避の真相 消費税増税なんて必要なかった

結論から言いますね。消費税増税は必要ありませんでした。 重要なことなので繰り返しますね。日本国には消費税増税なんて必要ありませんでした。 更には、消費税撤廃してもまだまだお釣りが来るぐらいの巨額な55兆円ものオカネがグレーな方法で租税回避されていました。 租税回避というわかりづらい言葉が使われていますが「ほぼほぼ脱税」...
Return Top