「殺したいほど愛してます」しらんけど

「殺したいほど愛してます」しらんけど

このサイトは役割を終えました。

エネルギーが変わりました。変わるとおもいます。その過渡期。

このサイトの題名は「殺したいほど愛してます」しらんけど。

殺したいほど愛してます。

愛しすぎて破壊せざるを得なかった(のかもしれない)

罪悪感のかけらもありません。

題名が決まった時期はたしか・・今年の2月ごろ。

なんか自動的に指がうごいて。まぁ・・ええんちゃう?って感じで。

極端な二極性を表現できてていいかな?とも感じていました。

次は「osakaking.net

次のドメインはおそらく・・「osakaking.net」になると思います。

題名はまだ・・決まっていません。そのうち決まることになると思います。意味不明に。

準備完了しだい。こちらのサイトはとりあえず残しますが、ある日いきなり無くなります。

前回のサイトは「清濁併せ呑む.com」

「今世でのテーマのような。絶対にあると思います。出ないのならひねり出してください」→ むりやりひねり出した結果が「清濁併せ呑む」

前回のサイトの題名は「清濁併せ呑む.com」

清濁併せ呑めた。ミッションコンプリートが腑に落ちたとき、必要無くなりました。

消去するとき、葛藤がありました。手塩にかけて育てた大事なこどものような。そんな感じ。

2014年~2020年ぐらいまで。しっかりその役割を果たしてくれました。

清濁併せ呑むため。清濁併せ呑む過程で感じる自分の感情・・狂気や純粋さ。さまざまな二極性を身を持って知ることができました。

さまざまな極端な二極性に気づき、向き合い、腑に落とすことができました。

感情の開放。セドナメソッドに関する記事が当初は多かったです。

スターシードオンラインサロンに参加してから一気に記事数が増えました。

合計 260記事ほどの割と大きめのウェブサイトに成長してくれました。

リラックスしてテキトーに書いた文章が何故か・・・「だいたい合ってる」

テキトーに書いた文章。

そーゆー文章はだいたい語尾に「しらんけど」って書いてたりしました。

一週間後に読み返したり。一ヶ月後になぜか読み返すことがあったり。

テキトーにリラックスして書いた文章なのに・・・何故かだいたい合ってて驚くことが多かったです。(外れもあります。(じぶんが)読みやすいように洗練されていくことも多いです。

六甲山って・・セオリツヒメじゃね?しらんけど

例えば・・六甲山ってセオリツヒメじゃね?しらんけど

書いたあと、廣田神社→六甲山神社→六甲比女神社とまわってみて「だいたい合ってる!!マジか・・」って。

清濁併せ呑む.comを書きながら自分と向き合っているとき。自分を信じはじめる過程でもありました。

テキトーに自動的に指がタイピングしていった結果が狂おしいほどに純粋すぎる結果であっても。大幅な削除はせず。修正せず。改変せず。

いっそのことすべて削除して楽になればいいのかもですが、読み返したときの感情を感じきりながら「追記:」していきます。

何か勘違いしてますか?知り合いの「先生」を紹介しましょうか?そんなわけないだろ。プークスクス

このような感情をかんじることもありました。できるだけ感じきります。向き合います。

核戦争にまつわる記事はそんな感じだったことが多かったです。「とうとう狂ってしまった」って感じたこともありました。削除せずにそのまま感じきることが出来てよかったと今になって思います。

「新しい地球」を意図した「76項目」にお金では換算できない価値を感じていました。その理由は「狂おしいほどに純粋」すぎて

2020年4月の新月に、テキトーにリラックスしながら「新しい地球」を意図しました。

ヤンタラジローさんの無料イベント。「新月にNEW EARTHを意図してみましょう」というような雰囲気。

テキトーに「争いが少なくなった地球」がどれだけ素晴らしいか。をイメージしながら、どんどん箇条書きにしました。そのうち熱中するようになり涙を流しながら書いてたりしました。

例えば・・争いが少なくなった地球。に徹底的にリラックスして感情をフォーカスした結果、実現したような感情を感じていました。76秒?67秒以上自然と感じていました。よく覚えていません。

軽くトランス状態。まほら鍼灸院さんの宇宙系施術により飛躍的に感覚が開き始めていた時期でもあり、自分の感覚の変容に驚きながら楽しい時期でもありました。

4月から記事の追記をはじめて6月のアルクトゥルスクォンタムヒーリング直前まで。いつの間にか合計で76項目になりました。

アルクトゥルスクォンタムヒーリング中。なぜか・・・「76項目が実現してしまう!」と。

76項目の内容には陰陽がはっきりと明確に記されています。陰陽を確実に感じきりました。

陰陽を感じきる過程において「光は闇」であると。光は闇で闇は光。表裏一体であることが腑に落ち、更にじぶんがなにものであるのかを知ることになりました。

すでに実現した。あれ?うん。そんな感じ。すでに実現してるんです。しらんけど。なみだが止まりませんでした。

世界の地政学に関する事柄も盛り込んでいます。

うろ覚え・・例えば・・「にほんが中心に。あたりまえ。じゅんちょうですね。よていどおり」とか。思い出せません。ちがうかも。そんなかんじ。

8ヶ月後にガイアの法則を知りびっくりしたり。

追記:2021年9月13日。本当に驚きました。まほら鍼灸院さんが六甲山系の夙川付近だったり、神戸布引の滝が三ノ宮の北側付近だったりで・・・2020年の時点で「六甲山系?っていうかセオリツヒメでしょ。トーゼンでしょ。」という感覚がすでにありました。っていうか・・・六甲山系でしょ?セオリツヒメ的な人物というか「存在」が目覚めるというか。。。きづくというか。そんな感じじゃね?しらんけど。

もう人類は2020年4月の新月のエネルギーを経験することはできない。もしかしたら・・・貴重なタイミングだったのかも。

じぶんと向き合うひとつの方法と捉えています。

ウェブサイト執筆を通じて感じる感情。

必ず読み返します。そのときに感じる「感情」と向き合います。

実は自分自身に向けて書いていたりします。あとで読んでもらえるじぶんに向かって。ありがとう。よくここまでじぶんを信じてくれた。勇気あるよね。つよいよね。っていうかこのせかいって・・きみしかいないよね。

ぁ じぶん。いないかも。しらんけど。また考えます。

何回も読み返します。じぶんが一番じぶんのサイトを好きだったり。

浄化期間は荒れていても、開放期間が過ぎれば感じる感情も違ってきたり。そのあたりの感情を「追記:」という方法で感じとり記録していきます。

動画作製を通じてじぶんと向き合うひともいます

カメラに向かってカメラ目線で。

淡々と感じたこと。思ったことを伝える。じぶんに対して。

視聴者はじぶん。慣れてきたら you tubeにアップロードしたり。

必ず自分が視聴する。そして感じたことを更に動画に記録していく好循環。

そろそろ・・その時期かも。でも・・you tubeで「惑星を破壊した」なんて言えないかも。

追記:2021年8月26日。淡々と「実戦経験」について語っていたりする方はいらっしゃいます。顔出しで。淡々と。you tubeにて。すごいなぁ。とおもいますが、自分はこのままでいいです。たまに振り返りを動画にしたり。

ABOUT THE AUTHOR

ryo
表裏一体に夢中です。両極端は実は表裏一体なのかも。光は闇かもしれませんし、闇は光なのかもしれません。そんなことより綺麗な渓流の近くで優雅に暮らしてみたいです。光に向かえば向かうほどその影は深く色濃くなりますねぇ?
Return Top